『何言ってんだおめぇ 俺最初から猫 それ以外の何者でもねぇぞ!!』 ってギイの反論が聞こえてきそうですが・・・
兎も角ギイ 保護した時は片目潰れてました
その後 3回も手術して何とか今の形になったけど(右目 完全に閉じてたところから半眼になった 見えないけど光は感じ取れる) うまく掴めない遠近感はどうしようもなく ⇒ つまり 猫らしくしなやかにジャンプして飛び移る・・・ が出来ませんでした

単に回転椅子に乗る テーブルの上に飛び上がる 階段を駆け上がる等は猫らしく出来るんですよ
でも テーブルから回転椅子に飛び移る(たったこれだけのことなのに・・・) は上手く出来ませんでした
いやまったく出来ない訳じゃぁないんです ただものすごく間合いをはかって・・・ それから意を決して・・・ と普通の猫だったら絶対にないでしょ って思われる 『間』 が必要だったのです
ばあや いつもちょっと悲しい気持ちで見てました やっぱぁ片目のハンディってあるよねぇ って

  最近のギイの飛び移り

その 『間』 が 昨今とても短くなって来ました
猫にしてはちょっと鈍くさい・・・?  レベルにまで短縮されてます
ばあやは ‧˚₊*̥(∗︎*⁰͈꒨⁰͈)‧˚₊*̥ すんごっ!! 『猫になったねぇ~ 』 と感激!!